カナタガタリ

すごくダメな人がダメなすごい人になることを目指す軌跡

豚骨王国の変容ー第五回鹿児島ラーメン王決定戦に臨む

今年も中日の半端な時間にラーメン王決定戦に参戦することが出来た。 混み具合はこんな感じで、多少並ぶもののうまさをより増幅させてくれる程度の並び方で済んだ。席も程よく空いていた。やはりラーメン王決定戦を満喫するのなら、中日の夕方に限るという確…

即興劇は土曜日に―エチュードハウス鹿児島店開店レポート

余談 先週、妻の実家に帰省した。丁度一年ぶりである。広島コミケにお邪魔したり、STU48の「せとうちめぐり」広島編を鑑賞したりなど、充実した二泊三日の旅はまた項を分けるとして、その際立ち寄った駅に、気になる広告を見つけた。 エチュードハウス。聞き…

チェヨン、一緒にデビューしてくれてありがとう。―PRODUCE48からMステまで

余談 IZONE、日本デビューおめでとう。韓国で見る、いつもの君たち。筆者にとって新鮮味のないことが、成功の証だと思う……というようなおふざけはやめよう。 日本でのIZONEはまた少し色を変えて来た。判り易くは外見が日本向けメイクになり、筆者個人として…

648円の「覚悟」が道を切り開く!! あるいはジョジョスマホことJOJO L-02Kを購入した話

ヨダレずびっ!余談 以前こんな記事を書いた。 kimotokanata.hatenablog.com 継続して視聴したい、と書いたのだがスマンありゃウソだった、いや、その気持ちは本当だったのだが妻はますますゴールデンカムイにのめり込み、黄金の風視聴に回されるはずの時間は…

刀剣男士の葛藤、その一つの帰結。あるいは映画刀剣乱舞でとうらぶに触れた人に「活撃刀剣乱舞 9話 元の主」を見てほしい話

余談 公開から二週間ほどたつが、未だに映画「刀剣乱舞」の熱冷めやらず、有り難いことに当ブログのもさすがに峠を越えた感があるが引き続き多くの方に見ていただいているようである。 前回筆者は映画「刀剣乱舞」を鑑賞し、小林靖子女史に興味を持たれた審…

刀剣乱舞と東映特撮の間には暴れん坊将軍がサンバしている、あるいは審神者諸賢にオーズTV版が厳しいなら劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダルを鑑賞してほしい話。

余談 前回の記事が余りに分不相応なアクセスを頂き大変驚いた。 筆者は前述したようにアラサーであり、その大半をモブとして過ごしてきた。これからもそうであろう。 日曜のやや遅い朝、おっ戦隊ものがやってる早起きしちゃったなあと思ったら既にそこそこい…

「とうらぶ」というコンテンツ及び小林靖子氏と同じ時代を生きる喜びについて、あるいは映画「刀剣乱舞」感想

余談 筆者はアラサー男性である。人並みに特撮を嗜み、ソシャゲを摘まんで暮らしてきた。 刀剣乱舞は薩摩サーバー開設の折からちびちびと参加しており、後発ながら筆者より大いに愛を誇る妻とともに遠方に刀を愛でたりイベントに参加したりなど新たな趣味も…

NGT48は「すべてを真っ暗にしてからやり直す」ことが出来るのか

余談 www.happyon.jp NGT48を筆者が初めてしっかり見たのはHuluの「さしきた合戦」で、どちらかというとHKT48が目当てだった。と言ってもリアルタイムではなく、丁度今から1年前くらいに見た。実際の放送は2016年の1月だったというから2年ほど間が空いていた…

(妻の)同人道~風雲在庫管理編~あるいは同人活動をする妻の為に在庫・売上・粗利益をExcelシート1枚で管理できるようにした話

余談 妻は同人を嗜む。白樺派とかアララギ派とかそういうのではなくて、白魚のような肌をした男子をアララァ……みたいな感じの同人であるようであり、日々せっせとお姉さま方と魂の交流をしているようで羨ましい。 今年からは自家通販を始めるようにもなった…

Kindaichi can't pack emotionあるいはスーパープレミアム「獄門島」感想

余談 kimotokanata.hatenablog.com ということで今年も精矛神社へ初詣に行ってきた。 視聴は変わったが無事お手洗いは完成していた。 幾許かの力添えということで今年も御朱印を頂いた。 昨年はお陰様で楽しい一年であった。その感謝と今年の楽しい一年を祈…

1年の計器元旦に狂い

今週のお題「2019年の抱負」 お陰様で当ブログは一周年。 結構波があるのだがならすと大体1日100人?回?くらいのアクセスがあったようで有り難い話である。 妻が知人より頂いた出雲そばでつくってくれた年越しそばはこちら。 夜中に小腹がすいて追い年越し…

解放セヨ、物欲。師走にニンテンドーswitchを買った話。

大乱闘してみたいなあ、と妻が言った。 妻が助っ人外国人であれば審判に被害を加えないよう止めなければならないのだが、幸いにそうではなかった。妻は大乱闘スマッシュブラザーズSPをプレイしてみたい人なのであった。 よくよく考えれば「大乱闘したい」と…

私の妻は鯉登少尉の女――あるいは冬の仙巌園を満喫し御殿企画展示「明治北海道と島津氏~斉彬公と西郷どんが夢見た北の大地~」とゴールデンカムイパネル展示を堪能した話

余談 その日、鹿児島の気温は二度であった。 前日というかその日の一時まで続いた忘年会の帰り、代行を呼んで乗り込んだ車のフロントガラスは凍っていた。帰り着くと恐らく日が変わる前後までは頑張って起きていてくれたのであろう気配が――例えば居間の暖房…

オミットされた愛、発掘された愛――犬神家の一族2018年版感想

余談 犬神家の一族は横溝正史先生の作品の中でも最も映像化が多い作品であるという。(映画3本、テレビドラマ6本) 原作の初出は1950(昭和25)年というから驚きで、雑誌に予告が出たころに横溝先生はかの江戸川乱歩氏に「今度、犬神家ってのをやるでしょう …

本日21時からAbemaTVで無料で見られるPRODUCE48第4話はここから見ても全く問題無い神回なので見ましょう。

何度か記事にした「PRODUCE48」がAbemaTVで無料放送されている。もう何度見たかもわからないが、コメント付きで見るとまた新鮮である。 本日は21時より4話目が放送される。 abema.tv 「えっもうそんなになの…じゃあもういいかな……」と思ったあなた、それは早…

ハラキリショー! あるいはゴールデンカムイ16巻感想

余談 妻は最近鯉登少尉にお熱である。筆者も薩摩人のはしくれ、それは悪い気はしないのだが、ピンナップが収録されているアニメ雑誌を買うというムーブを妻がするのをはじめてみたので(IZONEのノンノ特集は我慢したのに)こやつ……本気じゃな……と思う。 月島…

「西郷どん」とはなんだったのか――大河ドラマ「西郷どん」最終話「敬天愛人」感想

あたしゃキレました、プッツンします。 最低限やらないといかんだろうことを放棄してしまったらさすがに怒るしかない。 kimotokanata.hatenablog.com もはや懐かしい、大体一年前の第一回の感想記事であるが第一回の冒頭を読者諸賢は覚えておられるだろうか…

やわらか銀行と固ゆで卵

遅い休憩時間、空腹の「おれ」はワイフからの救援要請を受け取る。単純かと思われた事態は実は世界規模の事件とつながっており……。

(妻の)2018年・買ってよかったもの

今週のお題「2018年に買ってよかったもの」 先週まで読書の秋だった気がするが早いもので2018年も〆にかかっている感じである。 とはいえ、今年は基本的に良かったことはこのブログにて報告しているので今回は妻に尋ねてみることにした。 セザンヌ・皮脂テカ…

ジャルジャルの漫才の「ショートコント:漫才」感、あるいはM-1グランプリ2018感想

M-1グランプリ2018の優勝者をはじめ数々のネタバレがあります。 敗者復活戦 筆者が投票したのは以下の三組であった。 さらば青春の光 独りよがりにならなければさらば青春の光はやっぱり面白いんだよなと思った。最初の掴みで終わるのかと思ったらものまねネ…

君の孤独もすべて映し出す秋、あるいはkindleで買った電子書籍1600冊くらいから選ぶ1冊完結の漫画10選

今週のお題「読書の秋」 余談 読書の秋である。明々後日は師走だが読書の秋なのである。 読者諸賢であれば、筆者がこのブログにて立てたある誓いを思い起こされるかもしれない。 kimotokanata.hatenablog.com 早半年が過ぎた。果たして積読本はどうなってい…

あなたの「今」に閃きたい。あるいは今だからこそ観るべきPRODUCE101について

I.O.I 2ndミニアルバム - Miss Me? (リイシュー) アーティスト: I.O.I 出版社/メーカー: Stone Music Entertainment 発売日: 2018/06/21 メディア: CD この商品を含むブログを見る 余談 IZ*ONEが無事日韓共にデビュー1位らしく大変めでたいことである。 IZ…

ミュージアムのアラサー、あるいは晴れた休日の朝鹿児島市立美術館へ行った話

入館まで 丁度一週間前、「ミュージアムの女」を再読した。 ミュージアムの女 作者: 宇佐江みつこ 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/09/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る KADOKAWAお得意の「一風変わったお仕事の人の実録4コマ…

10日はたそがれの街、あるいは黎明館特別企画展「西郷どん」展に行った話

本編の感想がなかなか追いつかないうちに「西郷どん展」が来週までであったので、おりよく市内に出向く用事があったので訪れてみた。 瑛太さんが音声ガイドをされている、ということで今回音声ガイドデビューもしてみた。 「西郷隆盛展」ではなく「西郷どん…

2018年の荒野を行く あるいは本日発売テキサスバーガー2018&アイダホバーガー2018を食べた話

男には地図が必要だ…荒野を渡り切る心の中の「地図」がな ――「スティールボールラン」より 筆者がマクドナルドを偏愛している、ということは既に述べた。 特に大学時代はあらゆる制約を解き放ってやたらとマックしていた。完全オフの日など、前日の夜に四人…

書を拾おう、街に出て。

余談 文化の日である。碑である。と変換され、前回触れた「鵺の碑」がフラッシュバックされる。曾祖母の命日でもある。いつの間にか八年も経ってしまった。 八年前の今日、筆者は大阪にて開催されるリクナビ開幕liveに参戦する――と見せかけて海遊館に向かっ…

冬の始まりに夏の摸倣を振り返る

「講談社ノベルス期」というのがある人にはある、と筆者は思う。筆者にはあった。 あのサイズ感に。イヌくんに惹かれてたまらない時期が。 「カバーデザイン=辰巳四郎」 「ブックデザイン=熊谷博人」 この並びだけでご飯がうますぎてふりかけが欲しくなっ…

咲良の下には魅力が埋まっている

【MV full】NO WAY MAN / AKB48[公式] AKB48の最新シングル「NO WAY MAN」のMVが公開された。センターは宮脇咲良さん。他にもPRODUCE48組が多数選抜された。特に下尾みうさんは事ここに至って手あかのついた表現を使ってしまえば完全に「覚醒」したと思う。 …

2つの黄金を巡る体験について、あるいは「ゴールデンカムイ アニメ2期(13話)」と「TVアニメ ジョジョの奇妙な冒険第5部 黄金の風」感想

余談 今から約五年前、一つのゲームが世に放たれた。素晴らしいPVは多くのファンを引き付け、筆者も予約した。仕事で遅くなる筆者の代わりに当時入籍前だった妻が引き取りに行ってくれた。何故かオランジーナも買ってくれていた。筆者もなるべく早く仕事を上…

審神者諸賢、京都が遠ければ密林へ行こう。あるいは映画 日本刀 ~刀剣の世界~感想

今年の1月に筆者が撮影したへし切長谷部。撮り方に迷いが見られる。 導入 前回、地方オタクの悲哀を述べた。ことに現在筆者が日々臍を噛んでいるのはその際にも話題に挙げた「京のかたな展」である。めっちゃ行きたいのである。片っ端から友達に借りまくれば…