カナタガタリ

すごくダメな人がダメなすごい人になることを目指す軌跡

I AM YOUR FATHER/改革すら煩雑――オオサカVSイケブクロドラパ「Aikata(s)Back Again」&「Life is what you make it」及びバトル曲「Joy for Struggle」完全ネタバレ感想・考察・妄想

いつものやつです。ネタバレです。よろしくお願いいたします。 余談 kimotokanata.hatenablog.com あの興奮から気が付けば一月が経とうとしている。 バトル曲「Joy for Struggle」及び新曲は素晴らしいものだったが、やはり音源として堪能し、またドラマトラ…

再生と破壊、泰平とかはない――ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 6th LIVE ≪2nd D.R.B≫ 3rd Battle-Fling Posse vs MAD TRIGGER CREW-感想

kimotokanata.hatenablog.com kimotokanata.hatenablog.com いよいよ2nd D.R.B初戦も最終戦。初めての既存ディビジョン同士の対決である。 即ち、かつて「一度負けた者たち」同士の戦い。 それも、どちらも麻天狼に。更に、Fling Posse (フリングポッセ/以…

スタイルウォーズ次第に興奮――ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 6th LIVE ≪2nd D.R.B≫ 2nd Battle -Bad Ass Temple VS 麻天狼-感想

第一試合から早二週間が過ぎた。相変わらず、コンテンツの熱気に当てられロクに記事を書けていないが、兎にも角にも苦しみながら筆者は投票先を決定した。 kimotokanata.hatenablog.com そして、本日である。15時半開場。18時半終了。なのに、いつの間にか21…

「ひぐらし」は今が一番面白い――「ひぐらしのなく頃に業」ネタバレ感想

※タイトルの通り「ひぐらしのなく頃に業 『郷壊し編』」までのシリーズ全般のネタバレがあります。 余談 「ひぐらしのなく頃に」。筆者と同世代でゼロ年代からサブカル文化、インターネットに触れていた人間であれば恐らくその残滓ですら掠めなかったという…

リスタート期す胎動――ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 6th LIVE <<2nd D.R.B>>「1st Battle -どついたれ本舗 VS Buster Bros!!!-」感想

余談 近頃の筆者は幸福な悩みに苦しめられていた。 刀剣乱舞にて特命調査「慶応甲府」。 ツイステッドワンダーランドにて「5章後編2」。 FGOにて「いざ鎌倉にさよならを」。 ひぐらしのなく頃に業において「猫騙し編」。 アイズワンにて「D-D-DANCE」。 示し…

最高の瞬間を待ち望んで下されるサイコな審判―アニメ「『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima」ネタバレ感想

タイトルが長い……! 二年ほど夫婦してハマっているコンテンツ「ヒプノシスマイク」がアニメ化し、そして最終回を迎え下らない日常が二週間ほど経過した。 本来なら昨年のうちに記事にしておきたかったのだが、気持ちを整理するのにそれくらいの時間が必要だ…

機械猫の奴隷――2020年買って良かったもの

お題「#買って良かった2020 」 余談 「買って良かった2020」とはいうものの翌年一月八日まで大丈夫やんけ余裕やな……と思ったらばっちり当日ラスト一時間白紙という感じで筆者の今年の一年が早くも象徴されたような展開であるが、折角なので記しておきたいと…

Amazon アソシエイト・プログラムはじめました。

アイキャッチ画像に使えて便利なので、今までも当ブログではたびたびAmazon商品リンクを挿入させていただいていた。 もしかしたらそこからご購入いただいた読者諸賢もいらっしゃるかもしれない。 blog.hatenablog.com 年始の記事に書いたとおり、この個人ブ…

永遠に擬した刹那連鎖に座す―インターネット生活20周年

余談 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 2018年元旦に開設したこのブログも丸3年が経過し、ますます頑張っていきたいところである。 恒例の昨年の反省からすると、 kimotokanata.hatenablog.com 目標とした週に1回の記事の…

蛇尾・2020

大晦日である。誰も彼も言っているが、筆者もまた、これまでの人生にない「大晦日感のなさ」を感じている。 とはいえ仕事はばっちり年末進行であり、これにコロナ禍での調査事項やら何年かに一度の点検作業やらいつもの月末業務やらが駆け込んできて、かれこ…

もはや漫才の大会ではない―M-1グランプリ2020ネタバレ感想

余談 コロナ禍、それでもM1は止まらなかった。例年通り、敗者復活戦からリアルタイムで楽しませてもらった。 M-1グランプリ2020☆順位予想キャンペーン私の三連単の順位予想は…1位:錦鯉2位:ニューヨーク3位:見取り図↓あなたも #GYAO 投票サイトで予想する↓…

エンドロールには早すぎる――IZ*ONE(アイズワン)カムバックソング「Panorama(パノラマ)」感想・妄想・考察

IZ*ONE (아이즈원) 'Panorama' MV IZ*ONE(以下文中アイズワン)のカムバックソングについて語るとき、いつも深夜になってしまう。もちろん、記事投稿自体を夜に行うことが多いからなのだが、彼女らがカムバックするとき、それは世の美が更新されるときであ…

絶対振り向かない―カムバック前夜、MAMAの夜に最近のIZ*ONE(アイズワン)について。

今週のお題「自分にご褒美」 IZ*ONEカフェに行く 実は過日、妻とIZ*ONEカフェに行ってきていた。万が一ということもあり、その際アイズワン諸賢に迷惑をかけることがあったら耐えられない……ということで訪問してから早一月ほど、体調は良好なので解禁するこ…

明日(とおいみらい)であなたとまた出会う―初代からフィットボクシング2を引継いでのファーストインプレッション

引継ぐまで ダイエットは継続中なのだが食欲の晩秋ということもあり、チートデイが通常デイを上回った影響もあってかリバウンドはしないものの、減少は足踏みが続いている。 そんな中でも日々の時間の増減こそあるものの、フィットボクシングはダイエットを…

きみはもう一度クラウドになったかい?――20年かけてFF7をクリアした話・前編

それは末弟が生まれた年のことであった。我々一家は一軒家に引っ越し、筆者は「子ども部屋」を得るに至った。 それを祝ってかは知らないがプレイステーションが我が家にやってきた。 それは誠に革命的な出来事で、弟(初号機)と共にドラえもんやボンバーマ…

君は音もたてずに師走になった

霜月において、初日、二日目と順調に更新できていた筆者は「おや…? これは今月はフル更新いっちゃうか……?」と思っていたのもつかの間、にわかに本業が忙しくなり、また町内会であったり他にもなんやかんやとあって竜頭蛇尾どころか蛇頭ミミズ尾くらいの情…

野生の息吹、理性の蠢き。あるいは「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド(BOTW)」が筆者に与えた役割(ロール)について。

本題 自分へのクリスマスプレゼントとしてゼルダの伝説ブレスオブザワイルドを本体と同時に購入したのは一昨年のことだった。発売当時から絶賛されていたし、スイッチの購入理由の一つでもあったそのソフトを筆者が一応の終わりを迎えるまでには約半年の月日…

久方の光のどけき秋の日に誰いうともなく運営報告

11月である。先月書いた記事はなんと2記事。なんたること……と思って過去を見てみれば、昨年の10月は1記事であった。期せずして生産性を2倍にしていたわけであるが、10月というのは筆者にとってそういうシーズンであるのかもしれない。 ともあれ、そんな放置…

フロアがきつね色にアガるとき―映画「とんかつDJアゲ太郎」ネタバレ感想

余談 有名料理マンガの科白に いいかい学生さん、トンカツをな、トンカツをいつでも食えるくらいになりなよ。それが、人間えら過ぎもしない貧乏過ぎもしない、ちょうどいいくらいってとこなんだ。 というものがあって、最近目下減量中の筆者にとっては「そし…

さみしくとも明日を待つ――劇場版「鬼滅の刃『無限列車編』」完全ネタバレ感想

表題にある通り劇場版「鬼滅の刃『無限列車編』」の縦横無尽なネタバレがあります。原作の以降の展開に関してのネタバレは8巻収録分に関し最後に再度注釈と共に多少ありますが、それ以降のものはありません。 余談 久々にこんなに長い間ブログを書かなかった…

紀本常務かわいそうです>< 半沢直樹「銀翼のイカロス」編最終話含むネタバレ感想

余談 とうとう「半沢直樹」が最終回を迎えた。 今回も予想を裏切り、期待を裏切らない展開を見せてくれた。 以下、原作の簡単なあらすじと、ドラマ版との違いを比較しつつ、速記的な感想を述べていく。 いつも以上に乱筆乱文となるであろうがご容赦願いたい…

この世は舞台、人はみな役者――半沢直樹シリーズ最新作「アルルカンと道化師」ネタバレ感想

余談 細々とネットの片隅で展開しているこのブログだが、最近土日にやたら伸びる。 どうも「半沢直樹」の記事を多く読んでいただいているらしい。 kimotokanata.hatenablog.com kimotokanata.hatenablog.com kimotokanata.hatenablog.com グーグルサーチコン…

ツイステッド・ワンダーランド5章「美貌の圧制者」感想・予想・妄想・考察

本題 kimotokanata.hatenablog.com 前章の感想のようなものを書きなぐってから100日以上が過ぎた。 その後開催されたイベントも味わい深いものであったけれど、やはりメインストーリーはゲームの華。待ち望んだ5章がいよいよ実装された。 「前編その1」とい…

半沢・ヒプマイ・ツイステ・とうらぶ・アイドル・同人etc――雑食家庭持ちオタクの一週間

余談 と、いうか、今回は余談のみというか。 書きたい記事はたくさんあるのである。 ざっと列挙してみよう。 ・ツイステ記事 ・ヒプマイ記事 ・アイズワン記事 ・刀剣乱舞記事 ・同人イベント記事 ・Nijiproject記事 ・金田一耕助語辞典記事 ・半沢直樹記事 …

オンラインイベントの温度――31歳、同人サークルとして初めてイベントに出展する。

余談 前回、筆者は人生初のサークル出展を予告した。 kimotokanata.hatenablog.com 果たしてどうであったか、Twitterを追ってみよう。 わあいロゴができた pic.twitter.com/CnwJfEypam— 木本 仮名太 (@kimotokanata) 2020年8月28日 形から入るタイプなので………

31歳、人生初のサークルカットを作成する。

余談 そりゃあ雨はもううんざりだといったけど加減しろ馬鹿、と言いたくなる猛暑、酷暑が続くうちに31歳になった。親父が自分の年の時にはすでに自分がいたわけで、また一つ親父の後を追うのではなく自分自身の生き方になっていくのだな……とポジティブに考え…

半返しじゃん! ドラマ「半沢直樹」ロスジェネの逆襲編ネタバレ感想

余談 月曜日よ 敵にして恐ろしく味方として儚きものよ せめて今一記事を書く時間を我に与えたまえ 毎回月曜休みの時は日曜の笑点をゆっくり見ようと思うのに見そびれてしまう。 三連休ではあったが土曜、祝日が免許更新の対象外であるため中日の日曜日に行っ…

たつね行まほろしも哉つてにても―科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花 改変 いくさ世の徒花の記憶 大千秋楽ネタバレ感想・考察・妄想

余談 今年初め、筆者は初めて「刀ステ」を現地でその身に浴びた。それまでに予習としていくらか見てはいたが、やはりリアルタイム、ライブでのそれは「圧」が違った。誇張でもなんでもなく、この舞台と同じ時代を生きられる幸せを噛み締めたものだった。 引…

とても綺麗なものは全てあなたにあげたい―「EYES ON ME : THE MOVIE」ネタバレ感想

www.instagram.com 余談 あの頃、筆者は絶望の淵にいた。 kimotokanata.hatenablog.com 一周年を迎え、カムバック、映画公開を控え、ますます勢いを増すIZ*ONE(以下文中アイズワン)に突如降って湧いたあの事件。それまでが華やかだったからこそ諸々が延期…

マキさんとマミさんと妻と私――社会人でもオタクであり続けること、あるいは「マキとマミ」最終回読了後の感謝と感想

余談 とうとうカラッとした晴れ間が見え始めた。こうなると雨雲が恋しいねえなんて軽口が県下各地で生じたかは定かではないが、またもなかなかな雨が降り続いており、警報まで出た。新居は防音はしっかりしていてありがたいのだが、その分(基本カーテンは喚…