カナタガタリ

すごくダメな人がダメなすごい人になることを目指す軌跡

明日へ続く花道の途中で――PRODUCEシリーズ不正疑惑とIZ*ONEカムバック延期雑感

www.instagram.com ついこの間、こんな記事を書いた。 kimotokanata.hatenablog.com まだまだどこまでも、アイズワンは上昇しようとしていた。大いなる助走からフルアルバムへと飛び立とうとしていた。 花道を歩き続けたアイズワンが、正しく咲き誇ろうとし…

鬼が滅びる前に俺(三人兄弟の長男)の精神が滅びそうなので鬼滅の刃段階(アニメ/単行本/本誌)別感想を今のうちに記しておく:アニメ編

今週のお題「好きな漫画」 余談 以前、週刊少年ジャンプを長い間読んでいない、ということを書いたが、それ以降も結局読めていなくて、ただただ定期購読の引き落としがなされていた。様々な事情で家計を見直すことがその間いくつかあったものの、しかし定期…

星の光の滑走路に乗ってもっと高く―IZ*ONEデビュー1周年、BLOOM*IZティザー公開に寄せて早口とか考察とか。

余談 書きたいことが積み重なっていく。最近はリングアドベンチャーも始めました。 有り難いことに本業も楽しく、売文業も性に合っていて、ますます忙しい。 朝活!とか考えているうちに布団とできるだけいちゃついていたい時季にもなってしまった。 ともあ…

お待たせラップオタクの出番だ――あゝオオサカdreamin' nightの興奮即興速記録

余談 一週間に一回は記事を書きたいなと思っているのだがいつの間にか十月は一回も書かないまま半ばを過ぎてしまった。 kimotokanata.hatenablog.com 相変わらず書きたいことはたくさんあるのである。 刀剣乱舞で初めて里マラソンをやり遂げた話とか。 夢を…

早朝早々妄想ヒプノシスマイク―いつもチープダイブ、あるいはイケブクロVSシブヤをしなかった運営の意地について。

※以下、現在まで公式から提供された情報のネタバレを含む誇大妄想が繰り広げられているのでご注意ください。 余談 妻がシンジュクの女であり特に観音坂独歩君とりわけ愛情を注いでいることは、折に触れ語っている通りである。 先日、舞台化の発表があった。 …

未だ見ぬ明日へ――福岡市博物館特別展「侍」~もののふの美の系譜~The Exhibition of SAMURAI」感想、是非審神者諸賢に見てほしい非「刀剣男士」たちを中心に。

余談 一年近く楽しみにしていた福岡市博物館「侍展」にとうとう行ってきた。 福岡市博物館は、筆者が妻と共に刀剣鑑賞という趣味に開眼した思い出深い場所である。 kimotokanata.hatenablog.com その場所にもののふの絢爛たる歴史が武具でもって縁取り、語ら…

そういうことだろ?―キングオブコント2019感想

お笑い、好きである。 kimotokanata.hatenablog.com でも別に詳しいとかでは全然なくて、単なるミーハーなのであるが、それにしても今回のキングオブコントは歴代で見てもかなりレベルが高かったと思う。 今回全然情報が入ってこないな、と思ったらそれもそ…

THE GOLDEN MOON RISING(ザ・ゴールデンムーン・ライジング)

木本仮名太/30歳 髪の色/ブラック 瞳の色/ブラック 職業/事務員 好物/妻の手料理、マクドナルド(特に月見バーガー) 先週・今年の月見バーガーが解禁された。 が、筆者は絶賛絶食中であった。 既に記事にした二つの週末イベントに向けて、夫婦して断食して…

吸血鬼の花嫁――IZ*ONE新曲「Vampire(ヴァンパイア)」MV考察、Mステ&Abema特番感想

www.instagram.com 余談 昨日、IZ*ONE(以下アイズワンと表記する)新曲「Vampire(ヴァンパイア/バンパイア)」のMVが解禁、Mステにてパフォーマンスを披露、AbemaTVでは特番が放送された。 IZ*ONE (아이즈원) - 'Vampire' MV abema.tv 前回、マリンメッセ…

夢を見せてくれている間――IZ*ONE 1ST CONCERT [EYES ON ME] IN JAPAN:マリンメッセ福岡感想

www.instagram.com 余談 福岡での外せない用事。それはIZ*ONE (以下文中アイズワン)のコンサートであった。去年の夏熱狂し、その後も画面越しにずっと追い続けてきたグループが、ついに近く(車で3時間)のところまでやってきてくれる。 この朗報に喜び、…

揃った1ダース+α――ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 4th LIVE@オオサカ《Welcome to our Hood》Day1:Playgroundライブビューイング感想

余談 ダメもとで申し込んだライブビューイングが当たったので参戦してきた。 どころか、明日のBATTLEgroundも一般分があったと聞いて衝撃だった。 明日は明日で福岡に用があり、それもまた2度とないイベントであったので断腸の思いで本日に全力を注ぐことに…

ヒプノシスマイクがまたアニメ化を達成してしまった件――アラサー男子ヒプマイにハマる。②あるいは「ヒプノシスマイク-Alternative Rap Battle-」感想

余談 平成の世にこんな記事を書いた。 kimotokanata.hatenablog.com まだ妻が「ヒプノシスマイク」の一端に触れたところまでで止まっており、そのうち筆者自身がハマる過程を②として書くつもりだったのだが、その間に令和になり、ライブの先行抽選があり、外…

腹筋崩壊太郎に花束を――仮面ライダーゼロワン初回感想

新シリーズをリアルタイムで見られる機会というのは一度しかない。 という訳でせっかくなので、感想もリアルタイムで投稿してみたいと思う。 いつも以上に勢いで行くしかないので許してほしい。 なお、筆者は本編視聴までは努めて仮面ライダーゼロワンのビジ…

空(くう)になりたい、自由な空へ――九年間使い続けたTwitterアイコンからの卒業

#新しいプロフィール画像 諸君 リムーブは早計である 画像の真相は今夜の記事で明らかになる はず— 木本 仮名太 (@kimotokanata) August 22, 2019 余談 十年前、筆者はプロデューサーであった。いや平々凡々な大学生であったのだが。 アイドルマスターのファ…

君が好きだよエイリアン――妻と暮らせば、あるいはTwitter→twilog→ブログの変換、実践編

余談 20代最後の文章をどうするか、と考えた時、妻のことを書こうと思った。 このブログにおいて重要なキャラクターと言うかコンテンツと言うか、とにかく不可欠な存在である妻は、即ち筆者そのものにとって不可欠な存在であって、気が付いたら人生の1/5くら…

楽土は僕らの中にある――Twitter一夜城とブログ本丸

www.jigowatt121.com 写真は熊本城の櫓。本文とは特に関係ないが熊本城はやはり名城……。 余談 筆者がインターネットの大海に漕ぎ出したおよそ二十年前(ウッ頭が……)、世は大個人HP時代であった。 各々の「城」には城主選りすぐりの宝物が並べられ、据え付け…

否定され、しかし礎となった時代。九州国立博物館特別展 室町将軍ー戦乱と美の足利十五代ーを鑑賞した話。

特別展:室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 - 余談 相変わらず、刀剣乱舞に楽しませてもらっている。薩摩刀の実装......ずっと待ってます。 実際の刀剣においても機会を見つけては鑑賞させてもらっているのはこのブログにも綴っている通りだ。個人的には阿修…

トイ・ストーリー4は誰の「ストーリー」なのか――補遺:トイストーリー4ネタバレ感想

余談 暗いニュースが夜明けとともに、いや昼夜見境なく、街に降り続けている。 正直なところ今週一週間はとてもしんどかった。全てにおいて全くの部外者が本当に恐縮なのだが、こういう時だけアンテナが自分が本当に嫌になる。感情をぐわんぐわんとデンプシ…

最上大業物2/14工――「最上大業物 忠吉と肥前刀」が、いや佐賀県立博物館がとにかく素晴らしい話

余談 本当に書きたいことがたくさんあるのである。余裕があるものは後回しにしてしまいがちなのである。しかし光陰矢の如し、5月末に見に行った「最上大業物忠吉と肥前刀」がなんと本日までなのである。これはいかん。 何しろ大変に素晴らしい展示であり、…

時が流れても、変わらないもの。それは――トイ・ストーリー4 感想(ネタバレ)

トイ・ストーリー4の完全なるネタバレがあります。 余談 子どものころ、クリスマスプレゼントはビデオだった。ライオン・キング、ダンボ、バグズ・ライフ、トイ・ストーリー……様々な作品が筆者や弟たちの視野を広げてくれた。ソファーは切り立った断崖で、ス…

川よ、俺の川よ―避難指示、その時のある鹿児島県民の記録。

余談 26年前の8月6日、筆者は未就学児で、母と、まだ未婚で筆者をかわいがってくれた伯母――この年にはクリスマスプレゼントか何かで「五星戦隊ダイレンジャー」の「ウォンタイガー」を買ってくれた(そういえば少し前に話題になったグリッドマンのオリジナル…

瞼の裏の永遠ーIZONE日本カムバック曲「Buenos Aires(ブエノスアイレス)」MV他考察(感想)

「シブヤノオト」で初見の時、こんな記事を書いた。 kimotokanata.hatenablog.com その後Mステを見て、うたコンを見て(produce48でもみんなを繋いだヘビーローテーションのIZONEバージョンは感慨深いものがあったしやはりジャケット衣装は素晴らしい)、MVを…

迷宮入りだ! あるいはゴールデンカムイ18巻感想

余談 いつか思い出してきっと泣いてしまう恋のDVD化に気が取られてしまい、次は9月か...と漠然と考えていたら先週、その前に今月新刊が出るという嬉しいサプライズに見舞われた。 ということでここからはゴールデンカムイ18巻までのネタバレがあります。 本…

鏡の向こう、約束の場所ーーミラーマン、そして父が筆者をオタクにしてくれた

今週のお題「おとうさん」 あれだけ書きたいものがあるといっていて、しかし書けていない。これには続編発表によって急激にブレスオブザワイルド熱が高まったり本業の方がこれからどんどん忙しくなりそうだったりすることによるのもあり、また作業環境の更な…

大人列車に乗ったあなたが、ダンスを思い出すまで-蛇足・兒玉遥さん卒業に寄せて

余談 昨日深夜から、AKB界隈が騒がしい。またしてもスキャンダル、しかもエースと言うことで蜂の巣をつついたような騒ぎとなっているが、トレンド見るに「お外」ではそこまで話題になっている様子がなかった。さすがに今はネットニュースもちょこちょこ出だ…

願わくばノイズのこだまも聴こえぬはるか先まで走れかし―HKT48兒玉遥さん卒業に寄せて

兒玉遥さんが卒業を発表した。個人的には指原莉乃さんの卒業イベントにも一切姿を見せなかったため、まだまだ療養に時間がかかるのかなと思っていたので驚いた。かつてHKT48とは兒玉さんの、「はるっぴ」のことであった。特徴的なヘアスタイルと幼さはまさし…

「ブエノスアイレス」は「フィンランド」より「シンガポール」より遠いーIZONE日本カムバック曲「Buenos Aires」初見感想

余談 休日の朝は何故か早く起きる。子どもの頃からいつもそうだ。妻は大体まだ夢の中にいるので、その間に洗い物をしたり、ごく簡単な朝食を作ったり、シルバニアに関する工作をしたりする。起きたときの妻の「わあ!」が聴きたいのである。 昨日も五時に起…

パソコンを卒業する日ーブログ記事作成環境を改善した話

お陰さまで妻と日々慎ましくも楽しい日々を送らせていただいており、前回更新後以降も読者諸賢にお伝えしたい様々なことがあった。より正確に言えば、更新前にもお伝えしたいことは山積していたと言って良い。 鹿児島で唯一の国宝である名刀・國宗を鑑賞した…

最高を何度でもー菅原りこさん、長谷川玲奈さん、山口真帆さん卒業公演「太陽は何度でも」感想

早、三人の卒業発表から一月が経とうとしていた。 あの日以来NGTという単語を見るだけで頭痛がするようになってしまったので意識的無意識的にシャットダウンするようにしていたのだが、妻が卒業公演もDMM配信されると教えてくれたので最後にリアルタイムで三…

祭りは香賀美タイガの中に、未来は彼らの手の中に――KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-3話初見感想

余談 10連休が過ぎ、はや2日、どうにか業務をやり過ごす日々である。 気が付けばBSテレ東にて第4話が放送される日が近づいてきており、妻も激戦から帰って来たので、視聴して感想を書きたい。ついさっき(22:30)に観た。 これは今この時に観るべき話だと思…