カナタガタリ

すごくダメな人がダメなすごい人になることを目指す軌跡

アラサー男ツイステにはまる―ツイステッド・ワンダーランド4章「熱砂の策謀家」妄想・感想・考察

※ツイステッド・ワンダーランド全般(原作作品含む)のネタバレがあります 余談 気が付けば前回更新から十日近くが過ぎており、おうち時間の盛り上がりの中でありがたいことに過去記事を読んでくださる方が増えたのか、安定してアクセスが高い傾向にある。 …

M(魔王)~愛すべき人がいて~舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(初演)初見感想

余談 刀ミュ無料配信という神企画…それに追随して感想をつづっていくつもりだったが、音に聞く「むすはじ」で完全にぶち抜かれてしまい、その後茫として消化が追いつかない状態であった。 審神者諸賢の勢いはやまず、最新作の同時上映、刀ステ、活撃とムーブ…

生々流転――鬼滅の刃第205話「幾星霜を煌めく命」感想

余談 以前、こんな記事を書いた。 kimotokanata.hatenablog.com えっ……半年前……? そこからなかなかタイミングが合わず、というかもう展開が凄まじすぎて振り落とされないことに精いっぱいで、記事を書くことがなかったし、今日も他の記事を書く予定だったの…

阿津賀志山RPG2・そして伝説へ――ミュージカル『刀剣乱舞』~つはものどもがゆめのあと~初見感想

余談 kimotokanata.hatenablog.com kimotokanata.hatenablog.com ということで第三弾である。厳島での神事も国技館での祭りももちろん見てはいるのだけれど、記事にするタイミングを逃してしまった。いつかまとめたいものである。 ――まで書いて、しばらく放…

花も花なれ、人も人なれ、刀は――刀剣乱舞イベント特命調査「慶長熊本」を迎えるにあたって

余談 2016年4月、九州・熊本広域地震にて被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。 kimotokanata.hatenablog.com kimotokanata.hatenablog.com 筆者は、熊本が好きである。熊本城が好きである。 kimotokanata.hatenablog.com 歌仙兼定君も好きで、見…

虎狼の心は残忍でも貪欲でもなく――ミュージカル『刀剣乱舞』~幕末天狼傳~初見感想

余談 ということで神企画に合わせて拙ブログも連続更新である。 その日のうちに更新を目標としているのでどうしてもいつも以上につたないところがあるかもしれないがご容赦いただきたい。 幕末――歴史好きにとってたまらない時代の一つ。幕末オタは最初に見た…

阿津賀志山RPG――ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~初見感想

余談 驚くべきことに来週はもう五月、寝ても覚めてもコロナコロナで一人暮らしだったらとうに発狂していたことであろう。妻がいてくれてよかった。何気に新居への引っ越しもカウントダウンなのだが、果たして予定通りに行くのだろうか……。相も変わらず細心の…

「とどまれにんげんは家」の現実だから――「あつまれどうぶつの森」プレイ雑感

今週のお題「オンライン」 余談 通勤が続く。 田舎の幸い、通勤は自家用車でのドアtoドアであるので他人との接触がないのは幸いだが、またしても県内での感染者が確認され、自分や周囲がどんどんと疲弊しているのを感じる。 この記事ももっと早くに書くつも…

出会いは悲哀・別れ・透けた布キレ――シンジュクドラパ「過去からのchaser」ネタバレ感想・妄想・考察

臨戦態勢――と見せかけて多分観音坂独歩だけ「あれ? 俺取引先にメール返したよな……」ということを考えていると思います。 余談 妻の誕生日である。Twitterでつぶやいたところ、たくさんの方から「めでたいいね」をいただき夫の筆者としても大変ありがたい気…

ヒプノシスマイク -D. R. B- 5th LIVE@AbemaTV感想

余談 もう毎回コロナの話題で申し訳ないのだが、とうとう当県も陥落した。 行動範囲内であるので大変動揺している。今までも危機感があったが、それまでの既に罹患者が出ていた県での人々の心に自分は結局より添えていなかったのかもしれないと少し暗い気持…

非情緒的な死と再生――『100日後に死ぬワニ』雑感

余談 相変わらずコロナウィルスの終息は見えてこず、日々の業務にガッツリ影響が出てきている。ブログを書いたり読んだりしたいのだが、昨日はせっかくの祝日だというのに半日昏々と眠ってしまった。 原稿関係は一回完全にストップさせてもらった。来月くら…

3月にして君と離れ

今週のお題「卒業」 余談 九州新幹線全線開業九周年おめでとう。 開業から今に至るまで、毎年必ずお世話になる我が家にはなくてはならない乗り物である。 先週も九州新幹線に乗って週末を広島で過ごした。 何度乗っても二時間半程度でついてしまうという事実…

うるう日が過ぎたら遠くの街へ行くのかい

今週のお題「うるう年」 愚痴 あほ程忙しい。ブログを書いている場合かと言われるかもしれないが残業一時間以上を基本的に禁止していただいているのでのこのこ帰ってくるわけである。どこかでリセットしたいのだがそのリセットするための段取りを組む時間が…

ピンク色の愛じゃなくても――シブヤドラパ「マリオネットの孤独と涙と希望と」ネタバレ感想・妄想・考察

ちゃんとカンカン帽をかぶる夢野先生、律儀ですね。 余談 実はメットライフドームで開催されるライブに当選していて、億年ぶりの有給を(一応言っておくが筆者が働いている職場は有給消化率はとても高く、筆者がエリクサーをため込むタイプなので使っていな…

おかえりミス・パラレルワールド―IZ*ONE(アイズワン)カムバックソング「Fiesta」感想・妄想・考察

www.instagram.com 余談 相変わらず体調が悪く、天気も悪い。どうして24℃の次の日が3℃なんだ。 そんな中の楽しみ、IZ*ONEのカムバックがとうとうやってきた。 仕事が終わったのは19時半。既にメンバーからの「MVどうだった?」のメールが山と届いていた。が…

Climb to the top with you―IZ*ONE(アイズワン)祝祭前夜祭

今週のお題「大切な人へ」 余談 大切な人と言えば、無論妻であり、さっそく前回の「元気の秘訣」と駄々かぶりになってしまうのであった。 その筆者の元気の秘訣であるところの妻は元気がない。どうしてかというと楽しみにしていた同人イベントへの参戦を中止…

義なるものの上にも不義なるものの上にも静かに夜は降る

今週のお題「元気の秘訣」 体調を崩している。 もともと溌溂とした人間ではないが、しかしよくよく考えると今年になって体調万全という日がない気がする。 今日はとうとう鼻水が止まらず、熱も出てしまった。 それこそ二十年間聴き続けてきたマッキ―こと槇原…

いけないいけないあの子の末路――MAD TRIGGER CREW「MAD TRIGGER CREW-Before The 2nd D.R.B-」Drama Track「All in the same boat」感想とか考察など。

題名の長さに思わず黄昏る三人。 余談 相変わらず夫婦でヒプマイをたしなんでいて、妻はどこかの連動特典のために予約も完了しているのだが地方ディヴィジョンの哀しさ、届く気配がないのでまずは配信にて聴くことになった。Drama Track「All in the same bo…

大河ドラマ「麒麟がくる」第一回「光秀、西へ」感想

「麒麟がくる」のネタバレがあります 余談 沢尻エリカ氏逮捕の報を出先で知った時の筆者(イメージ) 昨年は特に大河ドラマにとって受難の年であった。薬物の恐ろしさ、反社会性はもちろん筆者も理解しているが、さりとて作品には罪はない。このあたりの切り…

死候時も猶御側ニ在之候思在之候―「舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち」観劇感想とか考察とか

※刀ステのネタバレをバンバン行います 余談 当時多くの人に読んでいただき、未だに一日あたりのPVの最高記録を記録した記事からちょうど一年が経とうとしている。 kimotokanata.hatenablog.com 鑑賞したそのままのテンションで打鍵したため内容が荒くお恥ず…

今日現在を最高値で通過していこう―お題「二十歳」からの思考ドミノ

今週のお題「二十歳」 二十歳、戦争、二人の作家。 「ぼくは二十歳だった。それが、人の一生でいちばん美しい年齢だなどと誰にも言わせまい」(ポール・ニザン『アデン アラビア』より — 木本 仮名太 (@kimotokanata) 2014年4月27日 このツイートをした時筆…

新春鑑賞はじめ―特別展「三國志」感想

余談 昨夏、念願かなって九州国立博物館を訪問することが出来た。 九州国立博物館様の試み「ぶろぐるぽ」によって当ブログ記事を九州国立博物館様のHPでご紹介いただいただけでも大変有り難かったのだが、抽選が当たり次回特別展の招待券もいただいた。 東京…

2020年の挑戦

刀剣乱舞もますます楽しませてくれそうでうれしい。 今週のお題「2020年の抱負」 あけましておめでとうございます。 2018年元旦に始めた当ブログもおかげさまで丸2年。 今後も精進いたしますのでよろしくお願いいたします。 さて今年の抱負ということである…

今日という日は残されたテン年代の最後の1日

あっまだ年越しそば食べてない。 年の瀬、読者諸賢はいかがお過ごしですか。紅白ですか。ガキ使ですか。ももクロですか。その他ですか。 筆者は「舞台 刀剣乱舞 虚伝」を見ていました。打ちのめされました。 Twitterで「屍人荘の殺人」のネタバレを踏みまし…

今見ているこの映画いつか懐かしくなるだろう―私的テン年代映画ベストテン

余談 本来はこの企画に参加させて頂く予定であった。 washburn1975.hatenablog.com が、豪快に締切日を間違えてしまった。わが人生の縮図である。 とはいえリストアップ自体はしたのでどこかで日の目を見せてあげたいというのが親心というものである。 本題 …

お庄屋(の尊厳)殺し――土曜プレミアム・悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~感想

余談 気が付けば前回の加藤シゲアキさんの金田一耕助から一年が経過していた。 kimotokanata.hatenablog.com 配役の妙もありなかなか面白く見させていただいた前回に続き、クリスマス・シーズンに「悪魔の手毬唄」を新作として披露してくれるというまさしく…

surfaceGOの「丁度よさ」に酔う

今週のお題「2019年買ってよかったもの」 余談 妻が青色申告者であることは既に述べた。 妻の偉大なところはコツコツと決して浪費せず誠実に仕事をこなすところで、爪に火を点して業務をし続けてくれたところ、扶養の範囲内から外れそうになっていた。せっか…

今西正彦くんは春に頭に何をのせるのだろうか?―PRODUCE101JAPANの1pIckは今西正彦くんになりました

本題 今西正彦君に投票をよろしくお願いいたします。 投票 | PRODUCE 101 JAPAN OFFICIAL SITE 以上です。時間がないんです。よろしくお願いいたします。 本当は日プ全体をざっと総括してそういうことで今西正彦くんをよろしくお願いしますと言うことにする…

ナゴヤ・ディビジョンが大体ジョジョ4部だった――Bad Ass Temple「不退転の心は撃ち砕けない」他感想とか考察など。

ナゴヤディビジョンCDの全般的なネタバレがあります 余談 もう本当にアイズワン関連のニュースで日々勝手につらくなっている。 festaがふたを開けたら音頭だったらどうしようとか思っていたあの頃に戻りたい。 そんな中、数少ない月末の楽しみである「ナゴヤ…

さみしいなんて言葉でこの気持ちが表せていいものか―IZ*ONE(アイズワン)の日に寄せてbis感想など

余談 IZ*ONE(以下アイズワン)の時が止まって一月近くが経とうとしている。 いや、それは正確ではない。時は平等に流れていているはずなのだが、ただし彼女たちの躍動は我々のところには聞こえてこない。 供給が無い訳ではない。特に日本活動においては、既に…