カナタガタリ

すごくダメな人がダメなすごい人になることを目指す軌跡

音楽

ベンチがアホやから熱狂ができへん/戦地は過酷だが戦況は不退転――ヒプマイ結果発表SP殴り書き感想

余談 kimotokanata.hatenablog.com kimotokanata.hatenablog.com kimotokanata.hatenablog.com kimotokanata.hatenablog.com kimotokanata.hatenablog.com 半年近くにわたって追いかけてきた2ndDRBもいよいよ決勝進出の発表に至った。 本当はシブヤVSヨコハ…

老害ども、おらどけよ/壮大怒濤、聖譚曲(オラトリオ)――ナゴヤVSシンジュクドラパ「和衷共同」&「錆びつけば進めず、臆すれば誇りを失う。故に我々は己に否を焼べ、火を灯し続ける」及びバトル曲「Light & Shadow」完全ネタバレ感想・考察・妄想

全編ネタバレですので視聴後に読まれることを強くお勧めいたします。 ※ ※ kimotokanata.hatenablog.com 気が付けばあの「宗教戦争」から一月以上が経ってしまっていた。投票締め切り日までには間に合わせたかったが無念である。どころか、シブヤVSヨコハマも…

I AM YOUR FATHER/改革すら煩雑――オオサカVSイケブクロドラパ「Aikata(s)Back Again」&「Life is what you make it」及びバトル曲「Joy for Struggle」完全ネタバレ感想・考察・妄想

いつものやつです。ネタバレです。よろしくお願いいたします。 余談 kimotokanata.hatenablog.com あの興奮から気が付けば一月が経とうとしている。 バトル曲「Joy for Struggle」及び新曲は素晴らしいものだったが、やはり音源として堪能し、またドラマトラ…

再生と破壊、泰平とかはない――ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 6th LIVE ≪2nd D.R.B≫ 3rd Battle-Fling Posse vs MAD TRIGGER CREW-感想

kimotokanata.hatenablog.com kimotokanata.hatenablog.com いよいよ2nd D.R.B初戦も最終戦。初めての既存ディビジョン同士の対決である。 即ち、かつて「一度負けた者たち」同士の戦い。 それも、どちらも麻天狼に。更に、Fling Posse (フリングポッセ/以…

スタイルウォーズ次第に興奮――ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 6th LIVE ≪2nd D.R.B≫ 2nd Battle -Bad Ass Temple VS 麻天狼-感想

第一試合から早二週間が過ぎた。相変わらず、コンテンツの熱気に当てられロクに記事を書けていないが、兎にも角にも苦しみながら筆者は投票先を決定した。 kimotokanata.hatenablog.com そして、本日である。15時半開場。18時半終了。なのに、いつの間にか21…

リスタート期す胎動――ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 6th LIVE <<2nd D.R.B>>「1st Battle -どついたれ本舗 VS Buster Bros!!!-」感想

余談 近頃の筆者は幸福な悩みに苦しめられていた。 刀剣乱舞にて特命調査「慶応甲府」。 ツイステッドワンダーランドにて「5章後編2」。 FGOにて「いざ鎌倉にさよならを」。 ひぐらしのなく頃に業において「猫騙し編」。 アイズワンにて「D-D-DANCE」。 示し…

最高の瞬間を待ち望んで下されるサイコな審判―アニメ「『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima」ネタバレ感想

タイトルが長い……! 二年ほど夫婦してハマっているコンテンツ「ヒプノシスマイク」がアニメ化し、そして最終回を迎え下らない日常が二週間ほど経過した。 本来なら昨年のうちに記事にしておきたかったのだが、気持ちを整理するのにそれくらいの時間が必要だ…

半沢・ヒプマイ・ツイステ・とうらぶ・アイドル・同人etc――雑食家庭持ちオタクの一週間

余談 と、いうか、今回は余談のみというか。 書きたい記事はたくさんあるのである。 ざっと列挙してみよう。 ・ツイステ記事 ・ヒプマイ記事 ・アイズワン記事 ・刀剣乱舞記事 ・同人イベント記事 ・Nijiproject記事 ・金田一耕助語辞典記事 ・半沢直樹記事 …

出会いは悲哀・別れ・透けた布キレ――シンジュクドラパ「過去からのchaser」ネタバレ感想・妄想・考察

臨戦態勢――と見せかけて多分観音坂独歩だけ「あれ? 俺取引先にメール返したよな……」ということを考えていると思います。 余談 妻の誕生日である。Twitterでつぶやいたところ、たくさんの方から「めでたいいね」をいただき夫の筆者としても大変ありがたい気…

ヒプノシスマイク -D. R. B- 5th LIVE@AbemaTV感想

余談 もう毎回コロナの話題で申し訳ないのだが、とうとう当県も陥落した。 行動範囲内であるので大変動揺している。今までも危機感があったが、それまでの既に罹患者が出ていた県での人々の心に自分は結局より添えていなかったのかもしれないと少し暗い気持…

ピンク色の愛じゃなくても――シブヤドラパ「マリオネットの孤独と涙と希望と」ネタバレ感想・妄想・考察

ちゃんとカンカン帽をかぶる夢野先生、律儀ですね。 余談 実はメットライフドームで開催されるライブに当選していて、億年ぶりの有給を(一応言っておくが筆者が働いている職場は有給消化率はとても高く、筆者がエリクサーをため込むタイプなので使っていな…

いけないいけないあの子の末路――MAD TRIGGER CREW「MAD TRIGGER CREW-Before The 2nd D.R.B-」Drama Track「All in the same boat」感想とか考察など。

題名の長さに思わず黄昏る三人。 余談 相変わらず夫婦でヒプマイをたしなんでいて、妻はどこかの連動特典のために予約も完了しているのだが地方ディヴィジョンの哀しさ、届く気配がないのでまずは配信にて聴くことになった。Drama Track「All in the same bo…

ナゴヤ・ディビジョンが大体ジョジョ4部だった――Bad Ass Temple「不退転の心は撃ち砕けない」他感想とか考察など。

ナゴヤディビジョンCDの全般的なネタバレがあります 余談 もう本当にアイズワン関連のニュースで日々勝手につらくなっている。 festaがふたを開けたら音頭だったらどうしようとか思っていたあの頃に戻りたい。 そんな中、数少ない月末の楽しみである「ナゴヤ…

お待たせラップオタクの出番だ――あゝオオサカdreamin' nightの興奮即興速記録

余談 一週間に一回は記事を書きたいなと思っているのだがいつの間にか十月は一回も書かないまま半ばを過ぎてしまった。 kimotokanata.hatenablog.com 相変わらず書きたいことはたくさんあるのである。 刀剣乱舞で初めて里マラソンをやり遂げた話とか。 夢を…

早朝早々妄想ヒプノシスマイク―いつもチープダイブ、あるいはイケブクロVSシブヤをしなかった運営の意地について。

※以下、現在まで公式から提供された情報のネタバレを含む誇大妄想が繰り広げられているのでご注意ください。 余談 妻がシンジュクの女であり特に観音坂独歩君とりわけ愛情を注いでいることは、折に触れ語っている通りである。 先日、舞台化の発表があった。 …

揃った1ダース+α――ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 4th LIVE@オオサカ《Welcome to our Hood》Day1:Playgroundライブビューイング感想

余談 ダメもとで申し込んだライブビューイングが当たったので参戦してきた。 どころか、明日のBATTLEgroundも一般分があったと聞いて衝撃だった。 明日は明日で福岡に用があり、それもまた2度とないイベントであったので断腸の思いで本日に全力を注ぐことに…

ヒプノシスマイクがまたアニメ化を達成してしまった件――アラサー男子ヒプマイにハマる。②あるいは「ヒプノシスマイク-Alternative Rap Battle-」感想

余談 平成の世にこんな記事を書いた。 kimotokanata.hatenablog.com まだ妻が「ヒプノシスマイク」の一端に触れたところまでで止まっており、そのうち筆者自身がハマる過程を②として書くつもりだったのだが、その間に令和になり、ライブの先行抽選があり、外…

瞼の裏の永遠ーIZONE日本カムバック曲「Buenos Aires(ブエノスアイレス)」MV他考察(感想)

「シブヤノオト」で初見の時、こんな記事を書いた。 kimotokanata.hatenablog.com その後Mステを見て、うたコンを見て(produce48でもみんなを繋いだヘビーローテーションのIZONEバージョンは感慨深いものがあったしやはりジャケット衣装は素晴らしい)、MVを…

大人列車に乗ったあなたが、ダンスを思い出すまで-蛇足・兒玉遥さん卒業に寄せて

余談 昨日深夜から、AKB界隈が騒がしい。またしてもスキャンダル、しかもエースと言うことで蜂の巣をつついたような騒ぎとなっているが、トレンド見るに「お外」ではそこまで話題になっている様子がなかった。さすがに今はネットニュースもちょこちょこ出だ…

願わくばノイズのこだまも聴こえぬはるか先まで走れかし―HKT48兒玉遥さん卒業に寄せて

兒玉遥さんが卒業を発表した。個人的には指原莉乃さんの卒業イベントにも一切姿を見せなかったため、まだまだ療養に時間がかかるのかなと思っていたので驚いた。かつてHKT48とは兒玉さんの、「はるっぴ」のことであった。特徴的なヘアスタイルと幼さはまさし…

「ブエノスアイレス」は「フィンランド」より「シンガポール」より遠いーIZONE日本カムバック曲「Buenos Aires」初見感想

余談 休日の朝は何故か早く起きる。子どもの頃からいつもそうだ。妻は大体まだ夢の中にいるので、その間に洗い物をしたり、ごく簡単な朝食を作ったり、シルバニアに関する工作をしたりする。起きたときの妻の「わあ!」が聴きたいのである。 昨日も五時に起…

最高を何度でもー菅原りこさん、長谷川玲奈さん、山口真帆さん卒業公演「太陽は何度でも」感想

早、三人の卒業発表から一月が経とうとしていた。 あの日以来NGTという単語を見るだけで頭痛がするようになってしまったので意識的無意識的にシャットダウンするようにしていたのだが、妻が卒業公演もDMM配信されると教えてくれたので最後にリアルタイムで三…

祭りは香賀美タイガの中に、未来は彼らの手の中に――KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-3話初見感想

余談 10連休が過ぎ、はや2日、どうにか業務をやり過ごす日々である。 気が付けばBSテレ東にて第4話が放送される日が近づいてきており、妻も激戦から帰って来たので、視聴して感想を書きたい。ついさっき(22:30)に観た。 これは今この時に観るべき話だと思…

愛はさだめ、さだめは血――KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-2話感想

余談 前回、1話他について感想を書かせていただいたところ、予想をはるかに超える反響があり、大変驚いた。なんとGoogleにもおすすめ記事として取り上げていただいたようである。勿論大変うれしかったのであるが、それほどの耳目に耐えるものであったかどう…

29才8ヶ月のリアル――アラサー男子、ヒプノシスマイクにハマる。①信じて送り出した妻がシンジュクの女になって帰ってきた編

余談 家族に対しての申し訳なさが募る大学にまで行かせてもらってこんな時間まで無給でなにしてんだろう — 木本 仮名太 (@kimotokanata) November 21, 2013 あの頃、筆者は世に言うブラック企業にいた。タイムカードは存在せず、年棒制と言う名の定額働かせ…

坂下り――NGT48チームG「逆上がり」千秋楽公演(聞き書き)感想

会合を早く終わらせることが出来、家路を急いでいた。妻に早く会いたかったし、チームG「逆上がり」公演を少しでも見たかったのである。 出発が少し遅れたため、録画をもう一度流したのか? という支配人挨拶はさわりだけ見た(妻によるとのち怒りのヤジがあ…

傲りの悪鬼(オーガ)――NGT48チームNⅢ「誇りの丘」千秋楽公演感想

本当はレインボーライブを鑑賞するつもりだった。 ただ、妻から本日がNGT48の千秋楽公演であるということを教えてもらった。 虹の煌めきとは正反対の厳冬を日々過ごす現実のアイドル達。 その一つの区切りが訪れようとしている。 「これ以上あのクソ運営に金…

帰ろう、帰ればまた近侍に会えるから あるいは5/3刀剣乱舞宴奏会(刀オケ)福岡の感想

本格的なオーケストラアレンジを加えた「刀剣乱舞-ONLINE-」の楽曲を「和楽器」と「オーケストラ」で演奏 大迫力の生演奏の音が響き渡り四季を織りなす光に包まれる空間であなたの本丸が今、ここにいざ、『刀剣乱舞』宴奏会へ 刀剣乱舞 宴奏会 公式HPよりS席…

大河ドラマ「西郷どん」第八回 「不吉な嫁」感想

余談 大正琴を習っている。もうすぐ一年になるが、絶望的に不器用なのでなかなか成長しない。1人だと絶対に挫折すると思ったので、当初から妻にも一緒に習ってもらっている。当時は妻は在宅ワークをしていたので、世間との接点が少しでも増えればいいな、と…

クリミナルヒットしてのち

(上記写真は本文に深く関わるわけではありませんがFRANKENさんがご自由にご利用くださいということだったので使ってみました) 筆者は世に言うダンジョンヘッズである。 個性豊かなキャラクター、機知と即興性に富んだ言葉の応酬、ルールはシンプルなのにそ…