カナタガタリ

すごくダメな人がダメなすごい人になることを目指す軌跡

うるう日が過ぎたら遠くの街へ行くのかい

今週のお題「うるう年」 愚痴 あほ程忙しい。ブログを書いている場合かと言われるかもしれないが残業一時間以上を基本的に禁止していただいているのでのこのこ帰ってくるわけである。どこかでリセットしたいのだがそのリセットするための段取りを組む時間が…

ピンク色の愛じゃなくても――シブヤドラパ「マリオネットの孤独と涙と希望と」ネタバレ感想・妄想・考察

ちゃんとカンカン帽をかぶる夢野先生、律儀ですね。 余談 実はメットライフドームで開催されるライブに当選していて、億年ぶりの有給を(一応言っておくが筆者が働いている職場は有給消化率はとても高く、筆者がエリクサーをため込むタイプなので使っていな…

おかえりミス・パラレルワールド―IZ*ONE(アイズワン)カムバックソング「Fiesta」感想・妄想・考察

www.instagram.com 余談 相変わらず体調が悪く、天気も悪い。どうして24℃の次の日が3℃なんだ。 そんな中の楽しみ、IZ*ONEのカムバックがとうとうやってきた。 仕事が終わったのは19時半。既にメンバーからの「MVどうだった?」のメールが山と届いていた。が…

Climb to the top with you―IZ*ONE(アイズワン)祝祭前夜祭

今週のお題「大切な人へ」 余談 大切な人と言えば、無論妻であり、さっそく前回の「元気の秘訣」と駄々かぶりになってしまうのであった。 その筆者の元気の秘訣であるところの妻は元気がない。どうしてかというと楽しみにしていた同人イベントへの参戦を中止…

義なるものの上にも不義なるものの上にも静かに夜は降る

今週のお題「元気の秘訣」 体調を崩している。 もともと溌溂とした人間ではないが、しかしよくよく考えると今年になって体調万全という日がない気がする。 今日はとうとう鼻水が止まらず、熱も出てしまった。 それこそ二十年間聴き続けてきたマッキ―こと槇原…

いけないいけないあの子の末路――MAD TRIGGER CREW「MAD TRIGGER CREW-Before The 2nd D.R.B-」Drama Track「All in the same boat」感想とか考察など。

題名の長さに思わず黄昏る三人。 余談 相変わらず夫婦でヒプマイをたしなんでいて、妻はどこかの連動特典のために予約も完了しているのだが地方ディヴィジョンの哀しさ、届く気配がないのでまずは配信にて聴くことになった。Drama Track「All in the same bo…

大河ドラマ「麒麟がくる」第一回「光秀、西へ」感想

「麒麟がくる」のネタバレがあります 余談 沢尻エリカ氏逮捕の報を出先で知った時の筆者(イメージ) 昨年は特に大河ドラマにとって受難の年であった。薬物の恐ろしさ、反社会性はもちろん筆者も理解しているが、さりとて作品には罪はない。このあたりの切り…

死候時も猶御側ニ在之候思在之候―「舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち」観劇感想とか考察とか

※刀ステのネタバレをバンバン行います 余談 当時多くの人に読んでいただき、未だに一日あたりのPVの最高記録を記録した記事からちょうど一年が経とうとしている。 kimotokanata.hatenablog.com 鑑賞したそのままのテンションで打鍵したため内容が荒くお恥ず…

今日現在を最高値で通過していこう―お題「二十歳」からの思考ドミノ

今週のお題「二十歳」 二十歳、戦争、二人の作家。 「ぼくは二十歳だった。それが、人の一生でいちばん美しい年齢だなどと誰にも言わせまい」(ポール・ニザン『アデン アラビア』より — 木本 仮名太 (@kimotokanata) 2014年4月27日 このツイートをした時筆…

新春鑑賞はじめ―特別展「三國志」感想

余談 昨夏、念願かなって九州国立博物館を訪問することが出来た。 九州国立博物館様の試み「ぶろぐるぽ」によって当ブログ記事を九州国立博物館様のHPでご紹介いただいただけでも大変有り難かったのだが、抽選が当たり次回特別展の招待券もいただいた。 東京…

2020年の挑戦

刀剣乱舞もますます楽しませてくれそうでうれしい。 今週のお題「2020年の抱負」 あけましておめでとうございます。 2018年元旦に始めた当ブログもおかげさまで丸2年。 今後も精進いたしますのでよろしくお願いいたします。 さて今年の抱負ということである…

今日という日は残されたテン年代の最後の1日

あっまだ年越しそば食べてない。 年の瀬、読者諸賢はいかがお過ごしですか。紅白ですか。ガキ使ですか。ももクロですか。その他ですか。 筆者は「舞台 刀剣乱舞 虚伝」を見ていました。打ちのめされました。 Twitterで「屍人荘の殺人」のネタバレを踏みまし…

今見ているこの映画いつか懐かしくなるだろう―私的テン年代映画ベストテン

余談 本来はこの企画に参加させて頂く予定であった。 washburn1975.hatenablog.com が、豪快に締切日を間違えてしまった。わが人生の縮図である。 とはいえリストアップ自体はしたのでどこかで日の目を見せてあげたいというのが親心というものである。 本題 …

お庄屋(の尊厳)殺し――土曜プレミアム・悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~感想

余談 気が付けば前回の加藤シゲアキさんの金田一耕助から一年が経過していた。 kimotokanata.hatenablog.com 配役の妙もありなかなか面白く見させていただいた前回に続き、クリスマス・シーズンに「悪魔の手毬唄」を新作として披露してくれるというまさしく…

surfaceGOの「丁度よさ」に酔う

今週のお題「2019年買ってよかったもの」 余談 妻が青色申告者であることは既に述べた。 妻の偉大なところはコツコツと決して浪費せず誠実に仕事をこなすところで、爪に火を点して業務をし続けてくれたところ、扶養の範囲内から外れそうになっていた。せっか…

今西正彦くんは春に頭に何をのせるのだろうか?―PRODUCE101JAPANの1pIckは今西正彦くんになりました

本題 今西正彦君に投票をよろしくお願いいたします。 投票 | PRODUCE 101 JAPAN OFFICIAL SITE 以上です。時間がないんです。よろしくお願いいたします。 本当は日プ全体をざっと総括してそういうことで今西正彦くんをよろしくお願いしますと言うことにする…

ナゴヤ・ディビジョンが大体ジョジョ4部だった――Bad Ass Temple「不退転の心は撃ち砕けない」他感想とか考察など。

ナゴヤディビジョンCDの全般的なネタバレがあります 余談 もう本当にアイズワン関連のニュースで日々勝手につらくなっている。 festaがふたを開けたら音頭だったらどうしようとか思っていたあの頃に戻りたい。 そんな中、数少ない月末の楽しみである「ナゴヤ…

さみしいなんて言葉でこの気持ちが表せていいものか―IZ*ONE(アイズワン)の日に寄せてbis感想など

余談 IZ*ONE(以下アイズワン)の時が止まって一月近くが経とうとしている。 いや、それは正確ではない。時は平等に流れていているはずなのだが、ただし彼女たちの躍動は我々のところには聞こえてこない。 供給が無い訳ではない。特に日本活動においては、既に…

僕らが街を出る理由、僕らが街に住む理由。

余談 書きたいことは沢山あって、しかしともすればあのプロデューサーへの恨み言を百万言打鍵してしまいそうなのをどうにか抑えていたら十一月も残り少ない。 業務の方でもバタつきがあって良く言えば充実しているが、端的に言えばなかなかしんどい。 しかし…

明日へ続く花道の途中で――PRODUCEシリーズ不正疑惑とIZ*ONEカムバック延期雑感

www.instagram.com ついこの間、こんな記事を書いた。 kimotokanata.hatenablog.com まだまだどこまでも、アイズワンは上昇しようとしていた。大いなる助走からフルアルバムへと飛び立とうとしていた。 花道を歩き続けたアイズワンが、正しく咲き誇ろうとし…

鬼が滅びる前に俺(三人兄弟の長男)の精神が滅びそうなので鬼滅の刃段階(アニメ/単行本/本誌)別感想を今のうちに記しておく:アニメ編

今週のお題「好きな漫画」 余談 以前、週刊少年ジャンプを長い間読んでいない、ということを書いたが、それ以降も結局読めていなくて、ただただ定期購読の引き落としがなされていた。様々な事情で家計を見直すことがその間いくつかあったものの、しかし定期…

星の光の滑走路に乗ってもっと高く―IZ*ONEデビュー1周年、BLOOM*IZティザー公開に寄せて早口とか考察とか。

余談 書きたいことが積み重なっていく。最近はリングアドベンチャーも始めました。 有り難いことに本業も楽しく、売文業も性に合っていて、ますます忙しい。 朝活!とか考えているうちに布団とできるだけいちゃついていたい時季にもなってしまった。 ともあ…

お待たせラップオタクの出番だ――あゝオオサカdreamin' nightの興奮即興速記録

余談 一週間に一回は記事を書きたいなと思っているのだがいつの間にか十月は一回も書かないまま半ばを過ぎてしまった。 kimotokanata.hatenablog.com 相変わらず書きたいことはたくさんあるのである。 刀剣乱舞で初めて里マラソンをやり遂げた話とか。 夢を…

早朝早々妄想ヒプノシスマイク―いつもチープダイブ、あるいはイケブクロVSシブヤをしなかった運営の意地について。

※以下、現在まで公式から提供された情報のネタバレを含む誇大妄想が繰り広げられているのでご注意ください。 余談 妻がシンジュクの女であり特に観音坂独歩君とりわけ愛情を注いでいることは、折に触れ語っている通りである。 先日、舞台化の発表があった。 …

未だ見ぬ明日へ――福岡市博物館特別展「侍」~もののふの美の系譜~The Exhibition of SAMURAI」感想、是非審神者諸賢に見てほしい非「刀剣男士」たちを中心に。

余談 一年近く楽しみにしていた福岡市博物館「侍展」にとうとう行ってきた。 福岡市博物館は、筆者が妻と共に刀剣鑑賞という趣味に開眼した思い出深い場所である。 kimotokanata.hatenablog.com その場所にもののふの絢爛たる歴史が武具でもって縁取り、語ら…

そういうことだろ?―キングオブコント2019感想

お笑い、好きである。 kimotokanata.hatenablog.com でも別に詳しいとかでは全然なくて、単なるミーハーなのであるが、それにしても今回のキングオブコントは歴代で見てもかなりレベルが高かったと思う。 今回全然情報が入ってこないな、と思ったらそれもそ…

THE GOLDEN MOON RISING(ザ・ゴールデンムーン・ライジング)

木本仮名太/30歳 髪の色/ブラック 瞳の色/ブラック 職業/事務員 好物/妻の手料理、マクドナルド(特に月見バーガー) 先週・今年の月見バーガーが解禁された。 が、筆者は絶賛絶食中であった。 既に記事にした二つの週末イベントに向けて、夫婦して断食して…

吸血鬼の花嫁――IZ*ONE新曲「Vampire(ヴァンパイア)」MV考察、Mステ&Abema特番感想

www.instagram.com 余談 昨日、IZ*ONE(以下アイズワンと表記する)新曲「Vampire(ヴァンパイア/バンパイア)」のMVが解禁、Mステにてパフォーマンスを披露、AbemaTVでは特番が放送された。 IZ*ONE (아이즈원) - 'Vampire' MV abema.tv 前回、マリンメッセ…

夢を見せてくれている間――IZ*ONE 1ST CONCERT [EYES ON ME] IN JAPAN:マリンメッセ福岡感想

www.instagram.com 余談 福岡での外せない用事。それはIZ*ONE (以下文中アイズワン)のコンサートであった。去年の夏熱狂し、その後も画面越しにずっと追い続けてきたグループが、ついに近く(車で3時間)のところまでやってきてくれる。 この朗報に喜び、…

揃った1ダース+α――ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 4th LIVE@オオサカ《Welcome to our Hood》Day1:Playgroundライブビューイング感想

余談 ダメもとで申し込んだライブビューイングが当たったので参戦してきた。 どころか、明日のBATTLEgroundも一般分があったと聞いて衝撃だった。 明日は明日で福岡に用があり、それもまた2度とないイベントであったので断腸の思いで本日に全力を注ぐことに…